未分類

【ミラティブ】ゲーム配信を約365日続けたコツと方法を解説します。【備忘録ついでに】

更新日:

Pocket

現在2021年2月24日・午後16時になります。
 
このゲーム大学を運営しているオチャノスケです。
 
コンバンチワ!
 
と言った感じで、軽めに自己紹介をさせていただきます。
 

☆管理人オチャノスケです。

解説の前に少し自己紹介させていただきます。
このゲーム実況大学を運営している『オチャノスケ』といいます。
 
よろしくお願いいたします。
ゲーム実況を5年以上しています。
 
ニコニコ生放送・YouTube・ミルダム・Twitch(ツイッチ)・ミラティブ配信などのゲーム実況をしたことがあります。
 
そして、そのゲーム実況の知識や経験をもとに、このゲーム実況大学を運営しております。
 
私のゲーム実況の知識や経験があなたのお役に立てたらと思います。
 
 
それでは解説していきます。

今回は、自分のミラティブ配信が約365日(356日目)になるので、一年間配信を継続したコツと方法を解説していこうと思います。

備忘録ついでに書こうと思ったので、書き方は雑ですが、配信する時の参考にしていただければ幸いです。

ミラティブ配信を開始したきっかけ

 
ミラティブ配信をしようと思ったきっかけは・・・
 
親戚の子供たちにゲーム機を取り上げられたことがきっかけです。
 
取り上げられたと言うのは、まさに言い方w
正確には渋ってあげたんです。
 
 
そこで、ゲームで取られないものってなんだろ?と考えたら、スマホがあったんです。
 
スマホだけで配信はできないかなと調べました。
 
調べてみると、本当にスマホだけでできるんだからびっくりです。
スマホだけでゲーム配信をする方法
 
今って本当に便利ですよね。スマホで何でもできるんだから。
とはいえ、ゲーム配信をしたい理由として何があったかと言うと・・・

  • 自分がしているゲームが面白いのを伝えたい。
  • 誰かと喋りたい。
  • ゲームがうまくなりたい。

などなど理由がありました。
 
きっかけなんて人それぞれ。
結局あなたがゲーム配信をやるかやらないかを決めるだけと思います。
 
ゲーム配信に興味がないならこんなブログにはいないのだから。
 
 

約365日配信を継続した方法とコツ

 
自分が約365日配信を続けられたコツ
 
それはミラティブで、配信日数を表示してくれる機能があります。
わたしは、その配信日数を目標にして配信をしていました。
 
継続するコツの一つですね。
 
 
方法としては、あなたの時間で例えると、一番配信をしても大丈夫な時間を使う。
これが継続の方法です。

ミラティブ配信だけで言うなら、最低でも15分は配信をしましょう。
 
ちょっと暇だから15分だけとかでもいいんです。
 
あ、15分がミッションクリアの条件だから15分は最低限しましょう。
配信時間についてはこちら
 
毎日配信をするコツ
毎日すると言うのは、結構きついよね。
出も一日一日を熟していくといつの間にか、30日・90日・120日
そして気付いたら365日と言う感じでした。
 
ただ、一日だけどうしても配信が出来なかった日がありました。
そういう時は、ミラティブ配信でおやすみ券と言うのがあります。
 
おやすみ券と言うのは、配信をしなくてもしたということにしてくれる便利な券です。
 
毎日が無理なら、1週間続けて1回休みと決めて配信をしてもいいかもしれません。
 
それでも、暇な時間帯はできると思うのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

これからのゲーム配信について

 
毎日配信とこのゲーム実況大学は継続して続けていきます。
 
そして、動画でもゲーム実況のやり方が見れるように仕組みを作っていきます。
 
ひょっとするとゲーム実況大学をオンラインで作るかもしれません。
その時には、またTwitterでお伝えしていきます。
 
 
有名にならなくても、ゲーム配信はできます。
 
 
何かのきっかけで有名になる可能性があります。
 
どの配信プラットフォームでゲーム配信をするかを決めましょう。
一か所だけではなくてもいいです。
 
 
ただ、続けないと覚えられないので覚えてもらうために毎日を心がけることが大事かなと。
 
また一年後には変わっていることを信じて行動をしていきます。
 
最後まで読んでくれてありがとうございました。
 
ミラティブ・Twitterのフォローよろしくお願いいたします。
 
オチャノスケ
@H9aMsotyanosuke
 
ミラティブ⇒ https://mirrativ.com/user/101286213

-未分類

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.